お風呂の固形石鹸で十分?

洗顔石鹸にもいろいろな種類があります。

 

クリームから液状、粉、ホームのタイプなど。

 

 

ですがこの中でも固形石鹸は個人的にオススメです。
もちろん個人差はあるので、合うのか合わないのかは試してみたくてわかりませんが、
通常固形石鹸が添加物が少なくて良いと思っています。

 

 

固形石鹸と言うといまいち使いづらいイメージがあるかもしれませんが、
通常洗顔をするときには1番良いと思っています。普通で汚れてあれば、皮脂、汗、などといったものは全て落とすことが可能です。

 

 

この洗顔固形石鹸の選び方ですが、あまり協力の洗浄力のあるものはオススメしません。
固形の洗顔石鹸を使ったことがある方の場合では、なんとなく洗い上がりが突っ張ってしまったり、乾燥してしまうのではないかといったイメージの方が多いかと思います。ですが本来この位がちょうどいいみたいなんです。

 

 

その後はしっかりと保湿をすれば良いみたい。

 

 

脂性の人の場合は、お風呂で使っている、純石鹸でもよいでしょう。
入浴時に使っている純石鹸は、少し洗浄力の強いため、乾燥肌の人の場合は洗顔用の石鹸から選ぶことがベストです。

 

 

値段も全然高い必要ありません。

 

 

洗顔用の固形石鹸の場合は石鹸成分のみと言う場合が多いのですが、
洗顔フォームなどの場合様々な界面活性剤が使われていることが多いとされています。

 

 

これはその強さがしっかりと把握することができないため、
気がつかないうちに肌トラブルの原因になっていることが多い成分です。

 

 

さらに、洗い上がりに突っ張るのを抑えるために油が練りこまれている場合もあります。
この状態ではお肌の上に余計なものが存在している状態になりますので、
真の意味では洗浄をしたということにはなりません。

 

 

以上のようなことから、洗顔用の固形石鹸は、石鹸成分の日になっているので、
比較的失敗がないということでお勧めします。

 

 

色々な洗顔フォームを使ってもいまいち調子が変わらないと言う場合には、
いちど洗顔用の固形石鹸を使ってみてはいかがでしょうか。

 
>>レイチェルワインお試しトライアル付け方〜色白31歳化粧崩れレビュー写真はこちら

10月のレイチェルワイントライアルセットはこちら(終了してたらごめんなさい)
↓↓
http://www.
rachelwine.com
/10月

レイチェルワイントライアルセットの価格や限定数・キャンペーンなどは、けっこう変更あるのでご注意