知っておくべき保湿成分

洗顔をした後の乾燥を防ぐためには、保湿が大切になりますが、
ここで知っておかなくてはならないものに保湿成分の種類があります。

 

 

近年は、化粧水に配合する保湿成分としても多くの種類が開発されています。
まずは基本的になる保湿成分の種類を知りましょう。

 

セラミド

保湿成分の中でも最も大切な成分となります。お肌の中にそもそも存在している成分です。そのため外部から補ったとしても安全性が高いとされています。セラミドと言っても様々な種類があります。基本的には、細かい種類まで分けて表示されているセラミドを選ぶのが有効です。セラミドを補うとお肌のバリア機能も高まります。
セラミドに似た成分にスフィンゴ脂質と言うものがあります。このほか有名なものにレシチン、ステアリン酸コレステロールなどといった成分もあります。いずれも、お肌に必要な水分をしっかりと挟み込み逃さないために必要となる成分です。

天然保湿因子

アミノ酸、尿素などが有名です。それほどしっかりとした保湿力はないとされていますが、食べたとしていないため化粧水に入っていることが多い成分です。

ヒアルロン酸

夜郎さんもかなり有名になってきました。これは水分を蓄積してくれる力があるとされています。

コラーゲン

そもそも人間の体の中で生成されるものが1番良いとされています。外部からコラーゲンの成分を持った場合、お肌そのものの弾力を増やすのではなく、保湿目的となります。

エラスチン

真皮を構成する星に成分です。そもそも保湿力があるので化粧品に配合されていることが多い成分です。

>>レイチェルワインお試しトライアル付け方〜色白31歳化粧崩れレビュー写真はこちら

10月のレイチェルワイントライアルセットはこちら(終了してたらごめんなさい)
↓↓
http://www.
rachelwine.com
/10月

レイチェルワイントライアルセットの価格や限定数・キャンペーンなどは、けっこう変更あるのでご注意