コットンは?

皆さん意外と知らないのが化粧水の正しい付け方です。

 

 

 

通常化粧水は、洗顔を終えた後に、手でいたわりながら押さえるようにつけます。
適量を手のひらにとって軽く手のひらを合わせて広げてから頬に両手で包み込むように押さえ込みます。

 

 

 

肌の表面に化粧水が残っていたとしても、そのままで大丈夫です。
無理にすり込んだりすると摩擦をすることによってお肌にとってダメージが出ます。

 

その状態で美容液をつけます。
化粧水が浸透するまで待つ必要はありません。

 

 

 

お肌の表面に残っている化粧水は、浸透するわけではなく揮発するのです。
時間を置いてからといってお肌の中に浸透していくわけではありません。

 

 

 

むしろお肌が潤っている間に次のステップをしっかりとこなすことが重要です。
乾燥してしまってから美容液を出るのではなく、化粧水で潤っているうちに美容液等のステップを踏むことが重要です。

 

 

 

次に、化粧水を何でつけるべきか悩む方が多いようです。
この場合コットンを使用する必要はありません。

 

 

掌で充分です。

 

 

一般的に化粧水は浸透を狙うと言うより、洗顔した後にすぐ乾燥してしまうのを防ぐ目的があります。
また、コットンを使用することによってお肌に刺激が増えてしまい、余計なトラブルの原因になることもあります。

 

 

 

ふわふわとした優しいタイプのコットンであっても、化粧水をたっぷり含ませれば硬くなってしまうため、
強くすり込めばお肌にとってはダメージになってしまうのです。これは長期的な目線で考えればシミの原因になることも考えられます。

>>レイチェルワインお試しトライアル付け方〜色白31歳化粧崩れレビュー写真はこちら

12月のレイチェルワイントライアルセットはこちら(終了してたらごめんなさい)
↓↓
こちらタッチで見れます☆>>http://www.
rachelwine.com
/12月

レイチェルワイントライアルセットの価格や限定数・キャンペーンなどは、けっこう変更あるのでご注意